すごいダイコン その2

すごいダイコン その1 で書いた大きなダイコンには、当然のことながら立派な葉っぱが付いていたわけで、どうしようかと考えたあげく、もったいないので干葉(ヒバ)にすることに。

グリーンのみずみずしい葉っぱには、虫も元気にいっぱい付いていたので、ざぶざぶ、ザブザブ、何度も水を取り替えながら洗って、輪ゴムで止めて窓のとこにぶら下げました。

本には陰干しで1ヶ月、って書いてあったけど、まぁ、いいか。窓越しの直射日光でもいいとしよう。

ウチにはすでに、ちょっと前から干してたのがあったので、場所を入れ替えてユラユラ。

1ヶ月ぐらい経つと、茶色くカラカラに乾くので、そしたらガーゼの袋に入れて煮出して、タライ(そんなものないけど)か、お風呂に入れて腰湯にします。

生殖器系に溜まった、脂肪や不要物を溶かし出す働きがあるようで、女性なら生理不順、生理痛、不妊、子宮や卵巣の疾患、男性なら前立腺に関わる問題、などを緩和させます。

日本なら、大根干葉湯の素、という、もう既にガーゼに詰めたものが売ってるのですが、ここじゃそれは手に入らないので作ってるという次第。

ダイコンの葉っぱ、捨てないで利用しましょうね。
細かく刻んで、ゴマ油で炒めたり、塩もみにしてもおいしいです!!
こちらも、体に溜まった脂肪を溶かしだす作用ありですよ。

また別の友人からもこのダイコン入手の情報が寄せられまして、シドニーの日本人コミュニティ素晴らしい! って思いました。
みなさま、またよろしくお願いしまっす!!!!