酢って・す・ごい!

こんなこと、賢いみなさんは先刻ご承知のことかもしれませんが、バスルームのカビ取りに酢を使ってみたら、酢ごい(!)、すごい、瞬く間に壁が真っ白になりました。

ある女性誌に「安全なお掃除特集」が組まれていて、紹介されてたのは酢と重曹を使うだけのお手軽な掃除法。

バスルームの壁に付いたカビが気になっていて、だけどカビ取りの薬品は使いたくない。。。で、今までやってたのが拭き取り法でした。

でも、これってカビを一時的にこそげ落としてるだけで、退治してる訳じゃないから、すぐにまたカビが浮いて来る。いたちごっこみたいなもんですよね。

それで、とある晴れた日に、コールスなんかで売ってる2リットル入りで98セントぐらいの安いホワイトビネガーと、Bi-Carb soda(重曹)を購入し、やってみました、バスルームカビ取り。

2ドルショップで売ってる、ペンキ塗り用のローラーに酢を付けてゴシゴシ、いやコロコロ程度で、瞬く間にカビが消えて、壁が真っ白になっていくのです。

トイレのタンクはちょっとしつこかったので、ティッシュペーパーに酢をかけて、1時間位湿布。

バスタブと壁の角のとこには重曹をまいて、お酢をかけるとジュワーっと泡が出て、汚れが浮いて来る。そこを古い歯ブラシでこすって、水をかけるだけ。

面白いぐらいに、あっ、という間にバスルーム全体がきれいになりました♪

お手伝いの娘も(ほとんど彼女がやった。。。私は主に指図)、あまりにきれいになるので、笑いが止まりません。わはは、です。

難点は、家中が若干酢くさくなって、ビネガー味のチップスが食べたくなったこと(笑)。

気を良くして、ケトルの汚れも取れるのでは? と酢の湿布をしてみましたが、こちらは、まぁまぁの落ち具合でした。

食べても大丈夫なものだけでできるお掃除、おすすめです!